データの活用

DMPは、自社のインターネットのサイトを適切にしていくために必要なシステムです。DMPはどんな人がどんな状態でアクセスしているのか、他にはどのようなサイトを見ているのか等を分析して統計を取ることができます。これらの情報を元にし、自社サイトの問題点や解決策、改善案等を出すことができます。ビッグデータを活用することにより、より多くの人に自社サイトを閲覧してもらうような事が可能です。DMPは比較的新しい技術ですが、基本的には現在行っている施策を底上げするということが主な目的になっています。現在多くの企業が注目しており、中小企業から大企業まで多くの企業がDMPの導入について検討を行っています。

DMPは3つの種類があります。プライベートDMPやパブリックDMP、タグマネジメントDMPと呼ばれるようなものです。一般的にDMPというと、プライベートDMPを指すことが多く、プライベートDMPは非常に多くのことを行うことができます。パブリックDMPは、第三者の外部データを利用するタイプのDMPで、新規顧客の開拓に非常に有効です。最もライトに使えるDMPがタグマネジメントDMPと呼ばれるものです。タグマネジメントDMPは、リターゲティングを高い精度で行うというものです。DMPを導入する際は、それぞれの特徴を把握し、目的を明確にして選ぶことが必要です。何を目的として導入するか、導入するのに適したものはどれか等を検討することにより、しっかりと会社に合ったシステムを選ぶことができます。